【詳しくはこちら➤】浜松まつり体験ツアー2024募集開始しました!お申込みは4月20日まで

【記事】秋葉本宮秋葉神社火まつりツアー2023を終えて

table of contents

はじめに

静岡県浜松市天竜区にある、「秋葉本宮秋葉神社(上社)」の年に一度12月16日に秋葉の火まつりが行われます。

秋葉神社は、浜松の中でも人気のパワースポットで、日中は多くの参拝者が訪れる場所です。

当社(スプリームトラベル)は、2020年より火まつりツアーを企画し、多くの方がご参加頂いております。地元の方はじめ、関東エリアや関西エリア・遠方からですと東北エリアの方が2023年にはツアーに参加頂きました。自家用車では、なかなか夜道の移動が不安な方などもツアーに参加。ツアーなれではの特典が多く、人気のツアー企画となっております。毎年12月16日はツアーを行う予定ですので、是非ご検討ください。

ツアーコース&ポイント

出発(17:00)浜松駅を出て、浜松と言えばうなぎ屋さん。天竜区の老舗うなぎ屋さん➀納涼亭でご夕食。夕食後は20時を目指し、秋葉神社(上社)へ。

駐車場到着後、長い階段を歩き、社務所へ。社務所前からもう少し進むと奥に➁黄金の鳥居があります。

社務所で受付をし、ツアーならではの➂神宝特別拝観をし、見学します。2023年は時間の余裕がありましたので、➃火まつりの説明を頂きました。(皆さん本当に真剣に聞いております)約20分ぐらいお話頂いたのでしょうか。

いよいよ、➄手筒花火と共に「火まつりがスタート」地元の消防の方やメディアの方も多くいました。

さて、ツアーの方は本宮にて➅「ご祈祷」を致しました。(かっこいい後ろ姿の写真)

ご祈祷後は、11:20頃まで火まつり~⑦三舞~の儀式となります。これは、現地にお越しになって実物を是非ご覧ください。(圧巻と伝統を感じます)

秋葉の火まつりも終了し、茶店で「⑧あったかいお汁粉」で最後のおもてなし。(寒い日にはあったまるね)

バスに戻り、深夜25時15分ごろ浜松駅到着~~解散(みなさん、帰り道はバス内でぐったりでした)

最後に、バスの中で⑨記念品・お札またはお守りをご用意しております。(写真は2022年のものになります。毎年記念品は変わります)

ツアーの魅力
  • バスツアーなので、安心・安全
  • 夕食は浜松といえば「うなぎ」老舗のうなぎ屋さんでご夕食。
  • 火まつりツアーならではの特典あり(お札・ご祈祷・特別エリアご見学・お汁粉付)
添乗員(森下)より

2023年は、雨も心配しておりましたが、無事ご参加頂いた方へのトラブルもなくツアーを催行することができました。

これもひとえに皆様のご協力があったからだと思います。2023年は、車イスの方もご参加頂き秋葉のスタッフとお客様のご協力のもと、思い出が強いツアーになりました。ご配慮頂きました参加者に心より感謝いたします。

ツアーの魅力は、旅行会社がつくるのではなく、みんなで作り上げてくものだと実感させられました。

火まつりについて

私達の遠い祖先は、中天高く吹き出た火山の火に、また雨雲を引き裂くような稲妻から、強風に煽られた大木の摩擦から起こる原始林に燃え立つ火に、恐ろしい火を発見しましたが、やがてその火を用いるようになりました。それは闇をも照らす火、囲炉裏を囲んで一家団らんする火、煮炊きする火となって、人間生活にはなくてはならないものとなりました。雄大な神秘の火は、古代生活の中でもっとも神聖なものとして、火の御祭を尊びました。人々には、いろいろな罪、穢れが知らず知らずにおこるものであります。これを祓い清めて明るき清き真の心にたちかえった時に、初めて神に通じるものであり、恩頼が戴かれるものであります。お祓いにはお塩で祓うとか、水で祓うとかがあります。
中でも一番強い祓いは、火でお祓いするのであるといわれます。寒い冬の季節を耐え忍ぶ人々は、一日も早く野山に草木の芽吹くのを待望んで火を焚き、その力によって、うららかな春の日差しを迎えようと神の祭りが行われます。こうして、古くから行われてまいりました秋葉の火まつりは、第一に火災焼亡の危急を免れ、第二に洪水波没の難を免れ、第三に諸厄諸病の難を免れ給うと、多くの人々の願いをこめて、三人の神職によってそれぞれの弓の舞・剣の舞・火の舞の三舞が、各々秘伝をもって奏されます。

秋葉神社公式Webサイト(秋葉の火まつり)

まとめ

2023年は、ツアー出発時には、雨が降っておりましたが、秋葉神社(20:00)頃到着した際は、雨が止み、2023年もとても良いツアーになりました。初めてご参加頂いたお客様、毎年参加して頂いているお客様本当にありがとうございました。そして、秋葉神社の方々、毎年サポートして頂き感謝いたします。

毎年恒例のツアーですので、機会がございましたら、是非ご参加ください。

2023年のチラシ

2024年12月16日は月曜日となります。  

応募時期は未定ですが、10月~11月頃にこちらのサイトより応募予定。

table of contents